• HOME   >  
  • 看護職員の教育
現任教育
Service Traning

Nurse image nursing department expects

札幌医科大学附属病院
看護部が期待する看護職

  • 専門的な知識に基づいたアセスメントと正確な技術により、対象に必要な看護を安全・安楽に、効果的に提供できる

  • 医療チームの一員として円滑な人間関係を築き、役割を認識し行動できる

  • 自己のキャリア開発に積極的に取り組み、目標を達成することができる

  • 人間性豊かで、社会人、組織人、専門職業人として倫理に基づく責任ある行動をとり、自己の職務を果たすことができる

看護部では期待する看護職をめざし教育プログラムを策定しております。

札幌医科大学附属病院看護職ジェネラリストのクリニカルラダー

クリニカルラダーは、看護職の臨床実践能力を段階別に示し、客観的に評価する基準であり、キャリア開発の指標となるものです。

4つの臨床能力項目から構成

クリニカルラダーは4つの臨床能力項目から構成されています。

①看護実践能力
(ニーズをとらえる力、ケアする力、協働する力、
意思決定を支える力)
基本的看護技術から、特殊・専門的・高度な看護を実践する能力
②組織役割遂行能力
理念や目標達成に向けて専門職業人・組織人として求められる
役割を遂行するために発揮される力
③自己教育・研究能力
専門職として自己の実践力を高めるとともに、看護の改善や
発展のために物事に取り組み、探求する能力
④対人関係能力
多様な年代や立場の人との人間関係を形成する能力

ライラックの木とクリニカルラダーの意味づけ

看護基礎教育の時期を芽として、看護師・助産師として就職します。 入職してから、「看護実践」「組織役割遂行」「自己教育・研究」「対人関係」の4つの能力を育んでいきます。 レベルⅠの時期は小さな葉ですが、レベルⅡ、Ⅲを目指し、組織の支援や人との交流などから栄養分を吸収し、大きな葉へ、細い幹から太い幹に成長し、やがて花を咲かせます。 その花は、更に大きなかたまりとなり、組織を牽引していく輝きを持ちます。

ページのTOPへ

札幌医科大学附属病院看護職キャリアパス

札幌医科大学附属病院看護職のキャリアパスは、クリニカルラダーの段階にあわせたラダー別研修、実地指導者や学生指導者等に対する役割別研修などの施設内教育を示しています。さらに、院外研修や卒後教育(大学院進学など)を経て、認定看護師や専門看護師、看護の実践者として卓越したジェネラリスト、教育者・研究者や看護管理者へのコースなど多様な選択肢を提示しています。

ジェネラリスト どのような対象者に対しても経験および院内研修受講や大学・大学院進学などの自己研鑽によって培った暗黙知に基づき、その場に応じた知識・技術・能力を発揮し、実践者として役割モデルになるような、看護活動を行うものをクリニカルラダーレベルⅤ:ジェネラリストとしています。
卓越したジェネラリスト ジェネラリストの中でも、院内エキスパートナースコースや院外研修の受講による自己研鑽を通して修得した能力をもって卓越した看護活動を行うものを卓越したジェネラリストとしています。
院内エキスパートナース
(院内認定)
院内で専門分野の所定の研修コースを修了し、部署内で特定の領域における看護実践者の役割モデルとして活動するだけではなく、根拠を持ったケアの展開についてスタッフへの助言・指導の役割を担います。
臨床看護教育者
(院内認定)
臨床看護教育者育成プログラムコースを修了し看護職の教育・指導を行うほか、看護学科の看護教員と協働して看護基礎教育に参画し、看護学科と病院をつなぐ役割を担います。(将来的には継続教育の責任を担います。)
キャリア発達(開発)
のための支援
1.職場適応相談
新人看護職員を対象に年3回、不安軽減のために面談を実施します。
2.部署間ローテーション
自らのキャリアを考え6つのキャリアコースから選択し、部署をローテーションすることができます。
3.院内留学
自己のライフプランも視野に入れながら、自ら希望の部署での研修計画を立案し、専門職業人としてのキャリアプランを具体化していく機会としています。

看護職キャリアパス / 看護管理者

 

トップマネジメントを担う一員として


叶野 るみ子(看護部管理室 副部長)

令和5年度認定看護管理者サードレベル修了

令和3年4月に看護部副部長の任を受け、2年間総務・人事を担当するなかで、幅広い視野から組織の方向性を見つめ直すこと、新たなものを創造する知識と技術が必要と考え受講を決意しました。 全道各地の病院、施設から看護部長、副部長、看護師長の職位に就く22名が受講しています。カリキュラムは、多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスが提供できるよう186時間の講義と演習が組まれています。写真は演習のメンバーで、トータル48時間をかけて組織の改善計画を立案します。演習以外でも個々のレポートについて意見交換し、公的私的な情報交換をするなど濃密な関係を築いています。 修了後は、当院の看護職が質の高い看護を提供し、生涯を通じて専門職として働きつづけられるよう取り組んでいきます。また、当院の医療の質にとどまらず、大学附属病院の使命である、地域の保健医療に貢献できるよう行動していきます。

看護職キャリアパス / 看護管理者

看護管理者としての挑戦


藤田 梨恵(北5階病棟 看護師長)

令和5年度認定看護管理者セカンドレベル修了

看護師長になり、育児との両立に悩みながら無我夢中で走り抜け、気が付けば7年が経過していました。看護部管理室、外来部門を経て、病棟管理を担って2年目、来年度には臓器別病床階層別配置による病棟再編成を控えたタイミングで、看護管理について改めて学び、現状分析能力、課題解決能力を養いたい、患者さんにとって、そして看護師にとって、よりよい環境を作りたいという思いで受講しました。 研修では、看護管理に悩む同志たちとの多くの出会いがありました。病院の外から自分の所属する組織の使命、強みを改めて見つめ直し、将来像を描き、未来の患者さんの満足のために変化し続けることの大切さを学びました、思い返せば、新卒で就職して3年目、初めて行った看護研究では、多職種カンファレンスを患者不在で行っていることに疑問を感じ、患者参加型で行う仕組み作りに取り組み、成果を検証しました。今でこそ、患者を中心としたチーム医療は当然のことですが、20年前の当時はまだ、風当りを感じる中での勇気が必要な試みでした。若さゆえのチャレンジ精神で、怖いもの知らずだったなとも思いますが、忘れないでいたい自分の原点であり、管理者の後押しあってこそだったと思います。ピンチはチャンスとよく言いますが、まさにその精神が看護管理者には求められており、危機的な状況であっても、この人についていけば何とかなるのではないか、自分にもできるかもしれない、そう思って新たな試みに挑戦したくなるような病棟作りを推進できる管理者を目指したいです。

看護職キャリアパス / 看護管理者

看護管理の魅力


佐藤 智笑(西4階病棟 副看護師長)

令和5年度認定看護管理者ファーストレベル修了

私は、看護師として働く中で、副看護師長として病棟管理に携わる機会を頂きました。病棟全体で患者さんと目標を共有し、安全安楽な看護をどのように提供するか考える中で、うまく実践できないといったスタッフのジレンマの声も聴く機会があり、自分が看護管理者として出来る事を学びたいと認定看護師管理者ファーストレベルを受講させて頂きました。 ファーストレベルでは、目先の出来事だけではなく、社会情勢や当院の理念、医療を取り巻く状況を把握・判断し課題を明確にすることが求められます。そのため、新たな視点で課題解決について考える事ができるようになりました。また互いを認め合いながら、議論し合える職場作りの方法も学び、スタッフが看護にやりがいをもち働く姿を見られることが自分にとっての喜びにつながりました。まだまだ不得意な分野も多いですが、やりがいのある看護管理の魅力を伝えていけるように、管理者として成長出来たらと思います。

看護職キャリアパス / 特定行為研修

チーム医療の要を目指して


城内 尚(南5階病棟)

2023年度公益社団法人日本看護協会看護研修学校 特定行為研修 在学中

私は、チーム医療における看護師としての専門性の強化、知識と技術のレベルアップを目指し、特定行為研修を受講しました。看護師の役割の一つに「診療の補助」が挙げられますが、医行為の一部を看護師が担うのが特定行為です。特定行為は、医療の高度化や複雑化が進む現代において、患者さんに質の高い医療を提供するチーム医療の推進を目的として研修が制度化されました。チームの一翼を担う看護師が特定行為を行うことは、診療の補助という看護師独自の責務の範囲拡大のみでなく、その専門性の強みを見出すことにあると考えます。また、医療が提供される場においては一つの例外もなく、より専門的な治療や療養生活の支援をチームで実践することがとても重要です。 現在は共通科目の履修と演習を行い、今後はより専門性の高い区分別科目履修と臨地実習へと進みます。日々、学習と経験の連続であり、知識の再確認と新たな知見獲得の毎日です。当面の目標は、科目履修にありますが、チームの中で活躍する看護師像を目指し、邁進したいと思います。

看護職キャリアパス / 認定看護師

私が認定看護師を目指した理由と今後


大場 古都(看護部管理室)

令和5年度公益社団法人日本看護協会神戸研修センターがん薬物療法看護認定看護師教育課程(B課程)在学中

日本看護協会神戸研修センターでがん薬物療法看護認定看護師教育課程を受講しています。私は腫瘍血液内科で多くのがん患者さんに出会い、他のスタッフとともに治療を支えてきました。その後皮膚科に異動となり、希少がんの難しさを感じ、増えていく新しい治療に対し知識不足を感じていました。そこで、より専門的な知識・技術を学びたいと考え、がん薬物療法看護認定看護師を目指すようになりました。 4~7月は病棟で働きながらe-learningでの自己学習が中心でしたが、8月からは神戸にある研修センターで集合教育を受け、11月からは実習と進んでいきます。集合教育では、元々持っている知識を深めたり、最新の治療について学んだりと、毎日新たな学びがあります。課題やテストもありますが、色々な地域・病院から集まった同期とともに助け合いながら過ごしています。  今後は、教育課程での学びを活かし、患者さんが安全にがん薬物療法を続けていけるよう、患者さんやスタッフだけでなく、ゆくゆくは施設や地域にむけた活動もしていけたらと考えています。

看護職キャリアパス / 臨床看護教育者

看護教育の新知見で充実の日々


但木 みちる(NICU病棟)

令和4年度臨床看護教育者育成研修受講

5年前ですが、実習指導や数回の実地指導・教育担当を担い、指導に係わる研修にも参加する中で、自分が自信を持ち根拠を持って指導すること、それが学習者からの反応として得られることに楽しさを感じていました。もっと指導者として専門的な知識・技術・態度を学びたい、さらにその上で学習者各々に応じた指導ができるようになりたいと思い受講を希望しました。ちょうど部署異動と重なり、今回4年越しに叶えることができました。 1年目は看護学生の授業や演習にインストラクターとして参加させていただき、学生の学習進度や到達状況について学び、実習指導計画を立案・評価しました。2年目の今は実地指導に関して、新人が実践力を修得するために必要な指導計画を学び考えています。通常の業務をしながらの受講で、自己学習や提出物もあり大変さはありますが、貴重な経験が多く、教育指導に関する新たな知識を得ることに充実感を得ています。 今後は臨床の場にいる者として学習者に対し、2年間で学んだ教育的な知識・技術を持って指導援助を行うとともに、その役割を担うものに対しても知識・技術を伝えていけたらと考えています。

看護職キャリアパス / 教育者・研究者

看護を正しく評価する


橋本 直弥(高度救命救急センター病棟)

北海道大学大学院医学院博士課程公衆衛生学教室在学中

私は、令和5年3月に大学院修士課程を修了しました。そこで、患者に対して何をすると良い影響があるのか、患者に行っていることは本当に良い影響があるのかを知るためには、看護師の経験や感覚だけでなく、データを集めて正しく評価をすること、つまり研究することが必要であると学びました。 看護師は病院内で最も多い医療職種です。しかし、日々の業務も忙しく、他職種と比較すると研究活動や研究に習熟している人材が、相対的に少ないと私は感じています。より良い医療や看護のためには、看護の視点を持つ研究に習熟した人材が必要だと考え、研究手法や研究実践に関して、さらに学びを深め、修得したいと考え、博士課程へ進学しました。 在学中の近況ですが、看護師だけではなく、医師や非医療者、海外からの留学生も研究室に在籍しており、多様で優秀な方が多く、刺激になっています。 今後は、 大学院で学んだことや修得したことを活かして、患者への医療・看護に貢献したいです。

ページのTOPへ

札幌医科大学附属病院マネジメントラダー

地域包括ケアシステムが構築される中、病院看護管理者には自病院のみならず地域まで視野を広げた看護管理を行うことが求められています。
当院のマネジメントラダーは、「病院看護管理者のマネジメントラダー日本看護協会版」を参考に、看護管理実践能力を「組織管理能力」「質管理能力」「人材育成能力」「危機管理能力」「政策立案能力」「創造する能力」の6つを柱とし、実践能力をⅠ~Ⅳの4つのレベルで段階的に示しています。
看護管理実践能力を客観的に評価する基準として、計画的かつ段階的な看護管理者の育成のための指標を可視化し運用しています。

ページのTOPへ

札幌医科大学附属病院助産師キャリアパス

札幌医科大学附属病院に勤務する助産師の進む方向性を示し、段階的・計画的な個々のキャリア発達を促すとともに、優れた人材育成につなげることを目指しています。

経験年数 入職~ 2年目 3年目 4年目~ 6年目~ ~10年目 ~15年目 ~20年目 ~30年目 35年目~
基本的実践能力獲得 助産実践能力強化 キャリア充実期 助産実践能力獲得
役割拡大期 セカンドキャリア準備期
助産師ラダー ラダーⅠ ラダーⅡ ラダーⅢ ラダーⅣ・ラダーⅤ
アドバンス助産師認定(5年毎更新)
看護師ラダー ラダーⅠ・ラダーⅡ ラダーⅢ ラダーⅣ ラダーⅤ
院内研修
看護師ラダー
に基づき受講
新任職員研修・静注ⅠⅡ 静脈注射Ⅲ
看護診断研修
事例から学ぶ看護
1日院内留学
メンバーシップ
看護研究基礎
ラダーレベル別研修
・リーダーシップⅠ、Ⅱ
・看護研究
・看護倫理基礎
役割別研修
・実習指導者研修Ⅰ、Ⅱ
専門分野レベルアップコース
ラダーレベル別研修
・看護倫理
・看護マネジメント
役割別研修
・実地指導者研修
・教育担当者研修
専門分野レベルアップコース
院内BLS(数年毎受講)
院外・他部署経験 病児管理
NICU・GCU(1~3ヶ月)
助産外来(1ヶ月)
出向(助産研修目的)1~3ヶ月
重症患者管理:ICU(1ヶ月)
出向 (地域貢献目的)6ヶ月~1年
助産師研修 新生児蘇生法Aコース認定 → 新生児蘇生法Sコース認定(5年毎更新)
産科危機的出血に関するシミュレーション(年1回)
産科緊急コールシミュレーション(年1回)
キャリア開発
の指標
・分娩介助(経膣)50件以上 ・帝王切開例数30件以上(超未熟児3例)
・新生児の健康診査50例以上 ・妊娠期の健康診査100例以上
・産褥期の健康診査100例以上 ・プライマリーケース20例以上
・退院指導、母親学級、助産外来の担当
アドバンス助産師各区分の更新要件
役割 実習指導者 実地指導者 教育担当者

助産師キャリアパス / アドバンス助産師

助産師実践能力の向上


田渕 れいん(北6階病棟)

令和5年度アドバンス助産師認定申請

私は2015年、新人として産科病棟へ入職しました。妊娠・出産・育児を経験し、子どもが小さい頃は仕事と育児で毎日が慌ただしく過ぎていきましたが、徐々に自己のキャリアについて考える時間が増えました。また、病棟で教育に携わる機会が増え、自分自身の知識や技術を見つめ直す機会が必要なのではないかと考えるようになりました。 同僚にアドバンス助産師が増え、制度や研修内容について話を聞く中で、今の自分に必要な資格であると考えアドバンス助産師認証を目指しました。 研修受講や学習等の時間の捻出に難しさを感じることもありましたが、これまでの経験を振り返り、自分自身の知識や技術を見つめ直す機会となりました。認証試験も無事に終え、この経験をケアや教育を通して病棟に還元できればと考えています。 現在は、母体救命や新生児蘇生法のインストラクターを目指して研修を受講中です。今後も全ての対象者に安全で良質なケアを提供できるよう自己研鑽を続けていきます。

ページのTOPへ
院内研修
Hospital Traning

院内研修プログラム

院内研修プログラムを「ラダーレベル別研修」「役割別研修」「全看護職員対象」とし、主体的に取り組めるよう支援します。 新人看護職員研修は、平成26年4月に開設した、看護キャリア支援センターを中心に、看護部と保健医療学部が連携して取り組んでいます。

院内研修プログラム詳細院内研修プログラムの詳細は、看護キャリア支援センターへ 

ページのTOPへ

看護職員募集

  • 看護職員、看護師、病棟看護専門員の募集要項・待遇についてのご紹介です。
  • 看護職員募集イメージ

看護キャリア支援センター

札幌医科大学保育所

看護部についてのQ&A

ナースの一日

看護部で日勤・準夜勤・深夜勤の3交代制で働くナースの一日の業務の流れをご紹介します。

お産をされる方へ

産科周産期科のご案内です。

札幌医科大学付属病院 看護部

MAP
〒060-8543
札幌市中央区南1条西16丁目291番地
・地下鉄 東西線西18丁目駅下車
5・6番出口から徒歩3分
・市電 西15丁目下車 徒歩3分

お問い合わせはこちらから

  • 札幌医科大学
  • 札幌医科大学附属病院

ナースの声

看護部の現場で働く先輩ナースからのメッセージです。

ナースの声イメージ

ナイチンゲール生誕記念行事

看護部ではナイチンゲールの生誕記念行事を行っています。

ナイチンゲールイメージ

看護部ロゴマーク

看護部のロゴマーク。

看護部ロゴマーク

ページのTOPへ

お問い合わせはこちらから
copyright © SAPPORO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL all rights reserved.

札幌医科大学付属病院 看護部

〒060-8543 札幌市中央区南1条西16丁目291番地